東大阪市で介護施設への転職情報を探している方は、こちらの介護専門の無料サポートがおすすめ。希望の条件を伝えるだけで1週間以内に複数の求人案件を紹介してくれます。

▼転職無料相談はコチラ▼
%%%node_2_node_2_name%%%カイゴジョブ


このような悩みの方にも安心

介護専門の転職サービスは、以下のような悩みを持っている方にも安心して使えます。

東大阪市の求人

  • ブランクがあって不安
  • 転職するのが不安
  • 経験不足で不安
  • 年齢が高いので不安

給与の交渉、待遇の交渉も併せて行ってくれます。

介護職専門、無料の転職サポートをぜひ活用してみてくださいね。


転職について

転職エージェントは転職のサポートをする会社のことです。では、転職エージェントというものは本当に使えるのでしょうか?結論からいえば、それは使い方によるでしょう。頼ってばかりでいると転職に失敗することがありますが、上手に活用すれば非常に役に立ちます。

職に就いていない間に、何をしていたかにより、変わってくるのです。職業訓練校に通い、資格を取っていたり、転職に有利になるようなことをしてきたのであれば、逆にプラスの印象を与えることが可能でしょう。転職先に大手企業を選んだ場合、収入が上がる事が多いですが、一番違いが出るのはボーナスになるでしょう。中小企業はボーナスが少なかったり、業績によってはゼロという場合もあります。給料が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無い場合は年収480万円となりますが、年に二回のボーナスがあれば、年収にそれだけの差が出てくることになります。

賞与を受け取って転職する方が金銭面では有利です。退職金も考えると、それなりの臨時収入となるため、ボーナスの月に合わせて退職すると有利となります。そのためにも、計画を持って転職活動をするようにしていくことが重要なので、前もって計画を練っておいた方がいいかもしれません。35歳転職限界説は有名ですよね。転職が不可能となるという説です。まだこんな説が出回っていますが、実のところは、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。今ではどの会社も生き残るために必死なので、年齢で選んでいてよい状況ではないのでしょう。企業の規模が大きくなればなるほど大きく年収をアップできる確率が高いので、いいのではないでしょうか。中小企業への転職を成功させる以上に敷居が高いですから、そんなにこだわりすぎないのが得策でしょう。

可能でしょうか?結論から先に言うと可能なのです。現実に、会社員から転職して公務員へとなった方は多数おられます。しかし、職を変えたからといって収入アップに繋がるとは限りません。会社員のままだったほうが給料が高いこともあるので、転職される方がいいでしょう。リスクが少ないだけでなく、最も重要な事項となります。退職理由が人間関係とか待遇の不満である人もたくさんいますが、人間関係でトラブルを抱え込みやすい人だと人事側は考えてしまうので、結局は、あなたの第一印象が悪くなるでしょう。

▼こちらをクリック▼
東大阪市でヘルパー求人